太陽とともに起き 太陽と共に寝る

  • HOME
  • ブログ
  • 太陽とともに起き 太陽と共に寝る

1998年アフリカのウガンダに行きました。

ナイルキャンプと言うホテルは、ナイル川のほとりにコテージが立ち並んでいました

そこまで行く途中の道にはツエツエバエがいる藪があり、車の窓を締め切っていても

車の中にどこからか入ってきてジーパンの上からでも足を刺します。

ツエツエバエは見た目には大きなハエです。

でも眠り病の病原体を持っているツエツエバエに刺されたら3日位で最悪、死ぬそうです。

ナイル川にはワニやカバが、ウジャウジャで。

コテージといっても基本ログハウスですが、窓はテントの網戸だけで窓ガラスなんてない。

朝起きたら床にわけのわからない何者かの糞が落ちていて・・・、

まぁ隙間だらけだから、小動物はいくらでも入り込める。

明け方にガオーとライオンが遊びに来るようなところでした。

夜の明かりはロウソクで、ロウソクが消えたら寝るしかない。

真っ暗な夜になります。

朝は朝日の光で自動的に起床。

コテージの屋根の上にドラム缶があり、そこにシャワー用のお湯を10人ぐらいのスタッフが

手で運んで入れてくれます。

入れ終わると、OKとノックがあり、紅茶とクッキー置いていってくれました。

シャワーを浴びる前に寝ぼけたまま紅茶をいただきました。

目の前の地平線を黄色い朝日がゆっくり上がってきました。

これが、これこそが、人間のあるべきリズムなんだって、トリハダが経ちました。

夜になったら寝る。朝になったら起きる。

本来人間はそういう動物です。

 

ちゃんと寝たら治る。

子供の頃いくら遊び疲れても寝たら復活していました。

ぐっすり眠ってすっきり起きる!

一度、アフリカを体験したらいいかもですね

 

睡眠セミナー講師のご依頼は、お電話かメールで エスコート芦屋院長 高岸真智子